行政書士仁井田事務所の理念、代表行政書士 仁井田学の経歴のご紹介です。

行政書士 仁井田 学

理念

不撓不屈

至誠創造

誠実に努力しよう、幸運な道は必ず開かれます。

経歴

北海道札幌市生まれ。 北海道札幌丘珠高校
高校卒業まで札幌で過ごす。大学受験に全敗し、上京する。

 

金銭的に苦しかったため新聞奨学生として、都内の毎日新聞販売店に住み込みで働きながら、大学進学を目指し予備校に通う。

しかし、二年浪人しましたが、結果が出ず学業の途を断念する。

 

自分の配達ミスにより、大切な読者を失ったことをきっかけに新聞セールスに目覚める。

 

洗剤とビール券を武器に、対抗紙と真っ向勝負!
おかげで私が担当していた地区では、増紙を果たすことができ、私自身は拡張(押売?)コンクールで、都内一位の表彰を受けました。。

 

しかし、平成二桁台に入ると、状況が一変、新聞が売れないのです。
洗剤とビール券に加え、西武ドームの招待券やとしまえんの券、シャンプーやせっけん、ティッシュペーパーなど、武器を増やし強引な営業力と破壊力に磨きをかけても、だんだん通用しなくなっていきました。

 

その理由は、時代の変化にありました。
無読者層拡大の背景には、活字離れとインターネットの普及がありました。
旧態依然の新聞業界は、時代の流れについていけませんでした。

 

当時は、全国安定400万部、都内36万部、というのが合言葉でした。
三大紙の一角を担っていた時代から、大きく変わってしまいました。日経に抜かれるのも、時間の問題でしょう。

令和時代の今、電車の中で新聞を読んでいる人が、どれ程いるでしょうか?
新聞業界は、完全に廃れてしまいました。あの時に辞めて、本当に良かったと思っています。

 

30歳のとき、12年間勤めた新聞業界を離れ、札幌に帰郷しました。
しかし、当時は大不況の真っ只中、学歴も資格も手に職もない私は、なかなか就職できませんでした。
求人数自体が少なく、そのうえ資格や経験を要するものばかりでした。

 

職業運転免許(大型二種、けん引、大型特殊)を取得する。札幌のバス会社への就職を考えましたが、当時は正社員の募集はなく、低賃金の契約社員の募集ばかりでした。

 

「やればやっただけ稼げる、頑張れば頑張っただけ稼げる」という募集広告にひかれ、札幌のタクシー会社平岸ハイヤーに就職し、運転手デビューする。すすきのに毎晩張り付いて、忘年会シーズンの12月期には、70万円超の売り上げを叩き出す。

 

夜勤ドライバーとして、2年半程度勤めるが、不況には勝てず再び上京することを決意する。

 

平成18(2006)年、km国際自動車に入社し、五反田営業所に配属され東京でのタクシー生活が始まる。

 

テレビ北海道の、「けいざいナビ」という番組に密着取材を受け、海を渡ったタクシードライバーというテーマで、放送される。



五反田営業所閉鎖に伴い、三鷹営業所に異動。

 

好調だった売り上げは、平成20(2008)年リーマンショック、平成23(2011)年東日本大震災、平成26(2014)年消費税8%への増税の影響を受け、売り上げ激減、歩合制のタクシードライバーでは、厳しい生活を余儀なくされる。

 

車内でゲロを吐かれるなどの、営業妨害を受けたり、客とのトラブルなど様々な修羅場をくぐり抜けてきました。
まさにタクシーの接客は、言葉の格闘技といっても過言ではないでしょう。

 

景気や社会情勢に大きく影響を受ける仕事から、安定した仕事への転職を目指し、行政書士と並行して他資格の学習を始める。

 

第二種電気工事士、消防設備士(乙6・乙7)、二級ボイラー技士、危険物取扱者等を取得し、大正クエスト入社。

 

電気工事士として、日本メックスではNTT中央研修センタNTT武蔵野研究開発センタを、東急ファシリティサービスでは東急百貨店渋谷本店の現場を経験する。

 

 

平成29年度 行政書士試験合格。開業、今に至る

 

所属

日本行政書士会連合会 第19081767号
東京都行政書士会    第12581号
府中支部
・入管申請取次行政書士 (東)行19第529号
日本行政書士政治連盟
東京行政書士政治連盟
東京行政書士協同組合
伊藤塾 秋桜会
・毎日奨学生OB会
 親に頼らず、自力で進学!

保有資格

法律系

・行政書士
・入管申請取次行政書士
・丁種出張封印代行実施者

運輸系

・運行管理者
・運転免許(大型二種・けん引一種・大型特殊一種)

建設・設備系

・第二種電気工事士
・二級ボイラー技士
・消防設備士(乙6・乙7)
・危険物取扱者(乙4)
・高圧・特別高圧電気取扱者(関東電気保安協会)
・防災センター要員

その他 ・珠算二級


リンク











トップへ戻る