事業復活支援金

事業復活支援金申請 これを忘れると不備率が爆増 対応策はこれ

金額の一致を確認したら各書類の該当箇所を必ずマーカー等で塗色をして目立たせるようにしましょう。特に取引が多い場合は、審査する方が一目で金額の一致が確認できるように、「これだ」と派手にに目立たせましょう。 例え一行の請求書であったとしても、しっかりとマークをして目立たせましょう。
事業復活支援金

事業復活支援金の申請に必要な本人確認

運転免許証 両面をコピーします。裏面に加筆がなくてもコピーをとります。運転免許証を返納なさった方は、運転経歴証明書を取得することで代替できます。運転経歴証明書は警察署や交番に備えられている、専用の郵便振替用紙を受け取り、郵便局から払い込むと郵送されてきます。
事業復活支援金

事業復活支援金の申請に必要な確定申告書に収受印やメール詳細がない場合

事業復活支援金の申請に必要な確定申告書に、何らかの事情で収受印がない場合や、ネット申請した際のメール詳細を紛失した際はどう対応すればよいのかを書きます。 確定申告書とあわせて納税証明書(その2所得金額用)事業所得金額の記載があるものを...
自動車登録

「商品車申告」の移転登録時の扱い

自動車販売業者が、中古車を商品として取得する場合で、運行の用に供しない中古の商品自動車については、自動車税環境性能割が課税されません。自動車販売業者が自らの業務等で運行の用に供する車は、自動車税環境性能割の課税対象となります。
ドローン

ドローン関する法規制、国の重要施設等の周辺は小型無人機等飛行禁止法による規制

国の重要施設等の周辺を飛行させる場合等は小型無人機等飛行禁止法による規制がかかります。航空法とは違い、機体の重さの要件がないので、ホビードローンやトイドローンも規制の多指症になります。目的は公共の安全の確保であり、諸葛は警察庁です。
タイトルとURLをコピーしました