宅建業免許申請代行サービスは行政書士仁井田事務所にお任せください。

宅地建物取引業とは

宅建業免許とは

宅地建物取引業法で規定されている免許
区分 自己物件 他人物件の代理 他人物件の媒介
売買
交換
貸借 ×
宅地又は建物について自ら売買又は交換することをとして行うこと

上の表のとおり、自己物件の貸借は宅建業に当たりませんので、免許は不要です。
例、自社ビルをレンタルオフィスとして貸し出す。

宅地又は建物について他人が売買、交換又は貸借するにつき、その代理若しくは媒介することをとして行うこと

業とは不特定多数を相手方として、反復継続して行い、社会通念上、事業の遂行とみられるもの。

免許の区分

免許には大臣免許と知事免許があります。

大臣免許 二つ以上の都道府県に事務所を設置する場合

例、東京都に本店、神奈川県に支店を設置する場合。

知事免許 一つの都道府県に事務所を設置する場合

都道府県を跨がなければ、いくつ支店があっても、知事免許です。
例、東京都内に10店、支店があっても東京都知事免許です。

免許権者 2つ以上の都道府県に事務所を設置 1つの都道府県に事務所を設置
国土交通大臣 ×
都道府県知事 ×

免許の有効期間

免許の有効期間は5年間(更新可)
有効期間満了の日が過ぎてしまって場合は、免許は失効

免許を受けるための要件

事務所について

業務を継続して行える機能を持ち、社会通念上も事務所として独立していること

契約や商談をするスペースがあるか
事務所に専用の固定電話や机・椅子が従業者数以上設置されているか
登記通りの看板がついているか
等をチェックしてください。

 

原則として、住居を伴う戸建、集合住宅の一室、他社と同居、は認められません。
また、仮設事務所は継続性に欠けるため認められません。
しかし、例外もありますのでご相談ください。

 

実際にお伺いして事務所の写真を撮影させていただきます。
事務所要件をクリアーしていないと、免許を拒否される可能性が高くなります。

専任の宅地建物取引士の設置

1つの事務所につき、従業者5人に1人以上の割合で設置しなければなりません

代表者は必ず本店の従業者になります。
例 従業者が6人の宅建業者は2人以上の専任の取引士が必要になります。

 

専任の取引士が退職等で免許の要件を満たさなくなったら、どうなるか

2週間以内に専任の取引士を補充しないと、免許は失効してしまいます。
日頃から、宅建士の積極的な採用や、従業者への受験の推奨など資格者を確保しておきましょう。

専任の宅建士は常勤かつ専従でなければなりません。

兼業者や監査役等は常勤性や専従性を満たすとは言えません。

宅地建物取引士資格登録について

専任の宅地建物取引士になるには、試験に合格しただけでは足りず、登録がなされ資格者証の交付を受けていることが必要です。
住所・氏名・本籍が現状の登録がなされえているか

事前に登録の変更をしておきましょう。
政令使用人の設置について
本店で代表者が常勤できない場合

例 兼業者・他社の取締役を兼ねている場合等

支店を出した場合

このような場合は、常勤性・専従性をみたした政令の使用人の設置が義務になります。

欠格要件に該当しないこと

役員・顧問・会長・相談役等について
5年間免許を受けられない場合
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から、又は宅建業法違反等により罰金の刑に処せられた場合等
  • 成年被後見人の場合
  • 破産者で復権を得ていない場合
  • 暴力団構成員

その他の要件

事業目的に宅地建物取引業の記載があるか
更新の場合、変更事項はないか

保証協会の加入について

供託するか保証協会に加入し分担金を納付しなければ営業を開始できません。

レインズ(不動産流通機構情報システム)を利用するには、保証協会の加入が必要になります。

全国宅地建物取引業保証協会協会

ハトマークのキャンペーン

不動産保証協会

ウサギマークのキャンペーン

どちらを選びますか?

活動内容にほとんど差はありません。

弁済業務保証金分担金は、本店60万円、支店1か所につき30万円です。
別途、入会金や年会費等が必要です。
どちらの保証協会も、頻繁に入会金等減額キャンペーンを行っています。

報酬料金について

知事免許

報酬(税抜) 法定費用 計(税抜)
新規 100,000円〜 33,000円

133,000円〜

更新

60,000円〜

33,000円

93,000円〜

会社の規模、難易度により報酬額が加算されることがあります。
別途、実費請求いたします。
上記の料金に、保証協会加入手続きが含まれております。

ご依頼お申込み

メールまたはお電話でどうぞ

事務所所在地

206−0002
東京都多摩市一ノ宮4丁目1−21 みずほビル803
行政書士仁井田事務所 代表 仁井田 学

TEL 042−401−9953  
FAX 042−401−9954
(10:00〜18:00)事前のご予約により時間外も対応可 
メール・FAXは24時間受付

メールアドレスは mail@gyouseiniida.com

トップへ戻る